Profile

Profile
ニックネーム
koubou hibiku
現住所
日本 福岡県 北九州市
自己紹介
北九州の皿倉山の懐で滋養のある素材をつかったお菓子を作っています。
おいしいたのしいお茶の時間のお供に。
週末のみ薪石窯パンも焼いています。

工房日々くの売店「ほとりの商店」2013年5月にオープンしました。
『ほとりの商店』
北九州市八幡東区河内1-2-4
営業日/ 金・土・日
営業時間/12時~17時
TEL090-5286-9992
mail:utahibiku77s(アットマーク)yahoo.co.jp
駐車場:軽2台(大きな車は乗り入れが難しいので近くのパーキングをご利用ください。)
※しばらくの間、焼き菓子の販売のみで喫茶はご利用できません。

△△△ 主な原材料について △△△△
○焼き菓子
粉:小麦粉(熊本県産)、有機オートミール、ふすま(九州産・自然栽培)、など
菜種油:圧搾式菜種油
豆乳:有機豆乳(大分県産)
さとう:きび糖・甘酒・黒糖・メープルシロップなど
塩:自然塩(主にゲランドの塩)
ドライフルーツ・シード:無漂白・無添加 オーガニックのもの
卵:糠や遺伝子組み換えでないトウモロコシなどを飼料とした鶏の卵(九州産)
※主にケーキなどに使用。クッキーやサブレへの使用はなし
※乳製品は使用しておりません。

○薪石窯パン
小麦粉:熊本県産小麦粉(「南のめぐみ」)
酵母:白神こだま天然酵母 (時々自家製天然酵母)
さとう:きび糖・黒糖
塩:自然塩
ドライフルーツ・シード:無漂白・無添加 オーガニックのもの

工房日々くのパンは薪の炎と石窯で焼いています。
その日の気温によって、炎とパンの顔を確かめながら時間をかけ焼きます。
薪の炎で熱せられた石窯の遠赤外線で内側から火が通り、皮は香ばしく、中はしっとりもちもちとしたパンになります。
山から伐りだした薪を使用するため小麦本来のうまみが引き出され、見た目も素朴でずっしりしています。
もちろん焼きたてもおいしいのですが、少し時間を置いても美味しく食べられます。
薪のパンは一度にたくさん作る事はできませんが、ひとつひとつにぎゅっと美味しさが詰まっています。

≪工房日々くの焼き菓子取扱店≫
●「一生もんshop緑々」
福岡県北九州市小倉北区京町4-4-17原田ビル1階
●「つつみ舎」
山口県下関市豊北町大字田耕 4230-1
●「古本や 檸檬 dépôt」
福岡県北九州市八幡西区藤田2-4‐5
●「水玉食堂」※イートインのみ
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-12 メルカート三番街 2F-1号室